ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

リオオリンピックの夏

帰国しました。
一体、何年ぶりでしょうか?
日本でオリンピックが観れるなんて!
私は、実は小学生、中学生の頃アスリートだったので
スポーツ観戦は基本、大好き。
日本選手の活躍が観れて、本当に嬉しい。
日本の選手が日本のメダルの為に戦う姿が
本当に眩しいです。皆、キラキラしていて、本当に美しい。
あの、キラキラって一夜漬けとかでは、出ない、ホンモノの輝きです。
私も、がんばろ。

さて、ニューヨークでは、アルバムレコーディング3日、プラス、
ビデオシューティング。
久々に、充実の忙しさでした。

c0156142_935653.jpg


いいアルバムが出来るといいな。

ビデオも、アルバムも、まだ収録が残っていますが
2016年後半、いいスタートになりそうです。

c0156142_953212.jpg


さて、時差ぼけと疲れをとって来週のコンサートに向けて
フォーカスしていきます。
今回のプログラムは、「TANGO AND BEYOND」 
ピアソラ・タンゴのみならず
南米の様々な音楽を盛り込んでのチャレンジングなプログラム。
共演者のアロンは、世界的有名なクラリネット奏者パキート・デ・リベラとも長い事共演してきて
ブラジル等のパーカッシブな音楽もすごいノリです。
ピアノがパーカンッションだな、と痛感します。
ついていけるかな〜、頑張ります。

23日(火) 鎌倉芸術館(小)
25日(木) 東京文化会館(小) 

いずれも19時開演。
詳しいリンクはコチラ
https://machiko-ozawa.squarespace.com/machiko-ozawa-concert2016

c0156142_9121561.jpg

[PR]
# by machipin | 2016-08-16 09:18 | 一般

夏です

c0156142_2325827.jpg



夏です。
木々は生い茂り、庭中の、いろいろな緑が風に揺られてザワザワ
音を立てて、緑のシンフォニーを奏でています。
ワシントンの夏は湿気ててHorrible!と思っていたけれど
今年は、日本のジメジメ梅雨を味わった後に来たので
なんとも爽やかに感じます。

オクタービオが突然に逝ってしまった2年前の夏を思い出すと、
胸がキュンと締め付けられるような思いです。

感覚とは、不思議なもので
季節や、その時期の光、温度、
服、靴などなど、日常の色々から
一瞬にして、昔の思い出がよみがえります

最後の夏の思い出は
苦しいものばかり

そして去年の夏は
本当に息が出来ない位だった
息の根を止められてるみたいだった
どうしていいかわからず
ただ、ただ、苦しかった

今年も、「その夏」が来る、と思うと
とても怖かったけれど
違う、
去年とは違う、とおもう。
というか、違って欲しい、と願う方が強いかも

move on - 味わった「痛み」を忘れることはないと思う
そして、起こってしまったいろんなことが
去年よりも悔しくてやりきれなくて、悲しいことも多い
でも、人は前に進むことができるのです
人間は、その能力を与えられているのだと、信じます。

そして
3回忌を目前に、やっと
オクタービオが
いつも一緒にいるような気がします
彼のことを話していると、あの愉快な笑い声が
聞こえます
一緒にいるんだと、思います。
オクタービオの肉体は、もう終わってしまったけれど
魂は生き続ける、ということを実感しています。

でも、人は死を迎えたら
本当に、どこに行ってしまうんでしょうね
2年間、ずっと考えているけれど
それは疑問。
それは、生きている私達全員の疑問。

私達は、生まれてきたら、100%
間違いなく、死を迎えます
だから
生きている間は、この時を一生懸命生きようって
オクタービオは笑っているから
大丈夫って
今年の夏は、そう、思えそう
庭の緑のシンフォニー聴きながら

このお庭ともお別れです
でも、一杯助けてもらったナ
Gracias
[PR]
# by machipin | 2016-07-08 23:09 | 一般
c0156142_12125967.jpg

c0156142_1213362.jpg



暑い夏、再び日本公演の為帰国します!
私は、夏生まれなので、夏になると調子が出てくるのかもしれませんネ。

今夏は、米グラミー賞受賞ピアニスト、アロン・ヤブナイ氏を迎えて
「タンゴ・アンド・ビヨンド」。
ピアソラやタンゴのみならず、新しい領域の音楽へ挑みます。
メインは、ピアソラのブエノスアイレスの四季。先日、ワシントンでNew Orchestra
Of Washingtonと共演した弦楽オーケストラとのヴァージョンを
ピアノとバイオリンの為にリ・アレンジしました!乞うご期待!!

詳細は以下;
【1】鎌倉芸術館(小)ホール

2016年8月23日(火)19:00開演(18:30開場)

チケット:4,500円(全自由席)

【2】東京文化会館(小)ホール

2016年8月25日(木)19:00開演(18:30開場)

チケット:4,500円(全自由席)

eplus チケットお申し込みはコチラ
https://eplus.jp/ath/word/54377

お電話申し込み:0467-44-1443(MOミュージック)

【公演内容】

⟪出演⟫

小澤真智子(ヴァイオリン)アロン・ヤブナイ(ピアノ)

⟪プログラム⟫

ピアソラ:ブエノスアイレスの四季

ピアソラ:リベルタンゴ

サルガン:フエゴ・レント

マルケス:ダンソンNo.2

グアスタビーノ:プレセンシアスNo.7「ロシータ・イグレシアス」

小澤:シャバットスイート

ヤブナイ:ズリハ

等(演奏内容は、出演者の希望で変更になる場合があります)

コンサートフィンフォメーション
http://www.machikoozawa.com/machiko-ozawa-concert2016
[PR]
# by machipin | 2016-06-14 12:22 | コンサート

NEW ORCHESTRA OF WASHINGTON @OAS

c0156142_21292376.jpg


昨年1月に、ワシントンに越してきて早くも一年半が経ちました。
先日、S&R FOUNDATIONのアーティストインレジデンスとして
最後のコンサートを終えました。
New Orchestra Of Washingtonという地元のオーケストラで
結成してから今年で4年目という「若い」グループです。
ピアソラのブエノスアイレスの四季を演奏しました。
とても楽しく演奏できました!
当日は、メキシコとアルゼンチンの大使もいらしてくださり、
両国にとても親近感のある私としては、とても感慨深いものがありました。

さて、いよいよ、新しい地で新しい活動に向けて
活動開始です。
人生の新しいチャプターが始まります。
[PR]
# by machipin | 2016-06-12 21:40 | コンサート

春です

ワシントンDCは、沢山の桜の木、そして自然にあふれています。
104年前に日本から送られた桜をはじめ、一斉にいろいろな花が開いて、
私もまるで、冬の間地中でじっくりまっていたけれど
長い冬を終えて、やっと芽をだして、地上の空気をすっている球根みたいな気分です。

c0156142_1315592.jpg

c0156142_1313663.jpg

c0156142_1311149.jpg

c0156142_1305386.jpg


沢山のいいことが訪れますように!
[PR]
# by machipin | 2016-04-15 13:04 | 一般