ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2017年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

c0156142_03440361.jpg

9月よりニューヨーク完全復帰しました。
アパートも見つかり、私は再び
100パーセント・ニューヨーカーです!!

3年かかりましたが、やっと元気を取り戻し、もう一回
ニューヨークで頑張ろう、という勇気が湧きました。

やはり、ここ、ニューヨークが一番自分にしっくりと、ナチュラルに
一番自分らしく呼吸ができる場所、と確信します。

さて、今年は、なんと97年にニューヨークに学業のために
留学してから、な・ん・と 20年!

Time flies...

ということで、同じ年にニューヨークに来た芸大・ジュリアード音楽院
共に同じ学校の卒業生、松村牧亜ちゃんと、二人でニューヨーク20周年=
ニューヨーク成人式 としてライブをしました。

自分にとっては久々のニューヨークのライブ。ちょっとドキドキさえしました。
ライブハウスThe Stoneは、アンダーグラウンドミュージックで
世界的なアルトサックスフォーン奏者であり作曲家のジョーン・ゾーンが
アーティスティック・ディレクターを務めるダウンタウンにあるライブ・ハウスです。
来年2018年の2月で、現在のイーストビレッジのカッコイイ場所から、
マネス音楽院へ移転してしまいます。
ということで、私は、今回3度目の出演ですが、このスペースでは最後だろう、と。
そういう点でも記念のショウになりました。

牧亜ちゃんとは、2001年にアッパーウェストにあるカフェ・モーツァルト(現在は閉店!
時代を感じます・・・)で一緒に演奏し始めてから、クラシックのみならず、ピアソラや、オリジナル、
日本歌謡曲タンゴアレンジなど、ニューヨークにいるからこそ、の感性で
色々な音楽にチャレンジして来ました。まさに、ニューヨークを一緒に闊歩して
歩く盟友です。

ヤマハのアーティストになってから、なんと初めてのニューヨークでの
エレキ・バイオリンのお披露目となりましたが、YEV-104も良い音が鳴りました!!
ヨカッタ

今回は、私たちの20年を振り返る感じのショウで楽しく演奏しました。
お客さんも、昔のファンから現在の新しい友人やファンまで幅広く!

まだまだ続けていきたいです!


c0156142_03435454.jpg






[PR]
by machipin | 2017-10-06 03:52 | コンサート