ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

夏です

c0156142_2325827.jpg



夏です。
木々は生い茂り、庭中の、いろいろな緑が風に揺られてザワザワ
音を立てて、緑のシンフォニーを奏でています。
ワシントンの夏は湿気ててHorrible!と思っていたけれど
今年は、日本のジメジメ梅雨を味わった後に来たので
なんとも爽やかに感じます。

オクタービオが突然に逝ってしまった2年前の夏を思い出すと、
胸がキュンと締め付けられるような思いです。

感覚とは、不思議なもので
季節や、その時期の光、温度、
服、靴などなど、日常の色々から
一瞬にして、昔の思い出がよみがえります

最後の夏の思い出は
苦しいものばかり

そして去年の夏は
本当に息が出来ない位だった
息の根を止められてるみたいだった
どうしていいかわからず
ただ、ただ、苦しかった

今年も、「その夏」が来る、と思うと
とても怖かったけれど
違う、
去年とは違う、とおもう。
というか、違って欲しい、と願う方が強いかも

move on - 味わった「痛み」を忘れることはないと思う
そして、起こってしまったいろんなことが
去年よりも悔しくてやりきれなくて、悲しいことも多い
でも、人は前に進むことができるのです
人間は、その能力を与えられているのだと、信じます。

そして
3回忌を目前に、やっと
オクタービオが
いつも一緒にいるような気がします
彼のことを話していると、あの愉快な笑い声が
聞こえます
一緒にいるんだと、思います。
オクタービオの肉体は、もう終わってしまったけれど
魂は生き続ける、ということを実感しています。

でも、人は死を迎えたら
本当に、どこに行ってしまうんでしょうね
2年間、ずっと考えているけれど
それは疑問。
それは、生きている私達全員の疑問。

私達は、生まれてきたら、100%
間違いなく、死を迎えます
だから
生きている間は、この時を一生懸命生きようって
オクタービオは笑っているから
大丈夫って
今年の夏は、そう、思えそう
庭の緑のシンフォニー聴きながら

このお庭ともお別れです
でも、一杯助けてもらったナ
Gracias
[PR]
by machipin | 2016-07-08 23:09 | 一般