ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ある晴れた日に

ニューヨークの地下鉄は汚くて
空気がわるくて
時に臭い
そして、日本のように便利なエレベータがついている所も
ほとんどなく
人をかき分け
時には走り行く人にぶつかりながら
階段をあがって地上へたどりつく

その階段をあがって
地上に上がった時の
なんともいえない
開放感に満ちた気分が
私はたまらなく好きだ

ニューヨークは一夜にして
冬になる
昨日まで半袖にサンダルで
歩いていたはずなのに
何故か今日からコートとブーツが必要、、、
みたいな。

今年も例外無く
あっと、息を吸っている間に
冬になってしまった

冷え性の私は冬のコートに
ロングブーツに
マフラーという重装備で出かける

そんないでたちでは、空調の効いていない
ニューヨークの地下鉄は時に暑い

そして
階段を上がって
やっと外の空気に触れると
それは
ひんやりと澄んでいて
ビルの谷間のくっきりブルーの空が奇麗で
ぱぁっと世界が明るく広がるのである

タクシーはクラクションを鳴らし
道行く人々は時にクレイジーで
私の頭はしょっちゅうクエッションマークだらけになる

それでも

はぁ、ニューヨーク
楽しい!!
と、実感する瞬間なのです。
[PR]
by machipin | 2008-10-24 15:58 | 一般

LIVE at The Stone

アルゼンチンから帰ってきて怒濤の日々
いろいろな事が重なる時は重なるもので
どうしてこうなる?というくらい

16日の夜10時から
Downtown Lower EastのThe Stoneという
ライブハウスで初の私ソロのショーを
しました。

ここのライブハウスは2005年にM2duo(旧M2O)
でピアソラのショーをして以来。
その当時、私はメキシコに住んでいて、このショーの
為にNYに帰国。前日、メキシコシティの乗り換えで
飛行機に乗り遅れ、予定していたリハーサルを
キャンセル、ぶっつけ本番で望んだのでした。

NY在住11年。
今までは、JUSTADUOやM2duo等の
プロジェクトで活動することが
多かったのですが、今回はそれらの
音楽を軸にオールマイコンポジションで
臨んだので、少々緊張しました。

JUSTADUOやM2duoは、2001年くらいから
続いているので、年々、息がピッタリと
どんどん合っていくのを感じます
リハでも言葉がいらないくらい。
年月の重みを痛感。
その反面、新しいミュージシャンを使って
やったShabbat SuiteやOcean~Mazatlan~は少々苦労しました。
リハではヒヤヒヤしましたが、さすがJuilliard 卒の
面々。本番では熱い演奏で盛り上げてくれたので感謝。

お客さんも一杯きてくれて盛り上がりました。
パフォーマンスは、やはり
楽しい。
楽しい。
本当に。
どんどんやらねば。
NYに戻ってくると
「ガツガツいかなきゃな」
と思わざるを得ません。

ふぅ。ファイト!です。


c0156142_22371940.jpg

[PR]
by machipin | 2008-10-20 22:40 | コンサート
いろいろな想いを胸に
再びJFK
この先おばあさんになっても
このJFKに降り立った時の
なんともいえない気持ちは
忘れる事はないでしょう、、、なんて想像します

とにかく
南米は遠いです
そして、アルゼンチンといえば
ブエノスアイレスしか思い浮かばなかったのですが
行ってみたら
アルゼンチンという国がどんなに大きな国か
改めて認識。
ロサリオからバスで5時間
空港への帰路
ただひたすら横に広がる大地
大地
大地
とにかく莫大な国土
牧場?とも言えない
(牛とか馬はみあたらないのです)
とにかく地平線がみえそうな大地と
大きな空が広がる国

ピアソラはとにかく沢山の曲を残しましたが
その中の何曲かは、なんとなくわかったような、、
そんな気もしてきました。

アルゼンチンで友人の両親が家族のように
迎えてくれて
毎日素晴らしい手料理をご馳走になりました。
中でも私の大のお気に入りは
エンパニャダス

c0156142_1311666.jpg


あんまりに美味しかったので
ついつい食べ過ぎました。

しかし、やはり日本人の私。
NYのアパートに戻ってきて
これから仕事に行く束の間
ご飯を炊いて、お味噌汁をつくって
食べたら
美味しいこと美味しい事
日本人でよかったぁ〜と
しみじみ感じた一瞬です。

アルゼンチンでは90%ラティーナに
なったつもりだったのですが
ただ今100%日本人。
これから、100%ニューヨーカーになるのです。
[PR]
by machipin | 2008-10-14 01:40 | トラベル
初の南米旅行
ニューヨークとさほど気温の差は無いのだが
北半球は夏が終わり、冬になっていくのに対し
南半球は、うららかな春、そして日に日に夏に近づいて行く
この違いは思ったより大きく、身体が混乱してしまう

モンテビデオは、ラプラタ河の下降に位置する街
コロニアルの建物が並びヨーロッパの街に良く似ている
イタリアの移民が多いので美味しそうなイタリアンレストランが
一杯並んでいる
一つびっくりしたのは、空港からタクシーに乗り街へ向かう途中
「?砂漠?」
と思ったら、それは海
なんと海が茶色い!!
そう、確かに海。波打っている。
「こんなの初めて!!アトランティックオーシャンは茶色い?」
なんて考えていたら、どうやらこれは
ラプラタ河らしい
モンテビデオは、ラプラタ河と大西洋が
丁度重なり合う所に位置している
そう、よーくみたら、茶色い水の向こうに目をやると
確かに深く青い海が広がっていた。
この茶色い河。毎日色が変わるそう。面白い。

素晴らしいTeatro Solisという劇場。
今度は演奏しに来たいワ、なんて思いながら
モンテビデオも束の間でおわり。

タンゴの街ブエノスアイレスへ。
かつて「南米のパリ」と唄われただけある
確かに、パリのよう。
そして
ストリートのあちらこちらで
タンゴ
タンゴ
タンゴ。

そして只今、ブエノスアイレスより北に300キロ程
ラプラタ河に合流するパラナ河に面した街、ロサリオにやってきた
今週末にここで演奏。楽しみです!
ブエノスアイレスと、ロサリオのお話はまた次回。
(写真注:1:モンテビデオ、2−6:ブエノスアイレス)

c0156142_5293691.jpgc0156142_530477.jpgc0156142_5302844.jpgc0156142_5304873.jpgc0156142_5311068.jpgc0156142_5313245.jpgc0156142_5363883.jpg
[PR]
by machipin | 2008-10-09 05:38 | トラベル