ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

c0156142_143383.jpg


5月の後半にさしかかろう、というのに
NYはまだまだ肌寒い日が多い
冬のコートやセーターはいらなくなったが
冷え性の私の足には、まだロングブーツが必要だったりする

夏のクーラーのレンタルの手配をしなければ
いけないのだが、実際、家の中では分厚いレッグウォーマー
にジーパン&スカートを両方はいて生活しているので
現実味がなくなかなか申し込みをしそびれている

NYには夏が「一瞬」にしてやってくるので
気を抜いてはいられないのだが・・

それでも、明るい日差しが東からも西からも
家のアパートに差し込むようになり
晴れの日はとてもすがすがしい

そんなすがすがしい日が多くなってきたからだろうか?
最近気に入って流しているのがこれ。
Tokyo String Quartetの最近のディスクで
MOZART~String Quartets K.575, K589, K590

もとのメンバーはついにセカンドとヴィオラの
2人のみになった。弦楽四重奏で、メンバーが入れ替わるのは
簡単な事ではない。ずっと同じボーイングやアーティキュレーション
で演奏してきたメンバーの、一人でも代わったら音楽も
がらりと変化するのが当然だ。
最近では、Juilliard Quartet のファーストヴァイオリンの
Joel Smirnoffが辞めるので、次は誰になるのか? と
話題になっている。
「You should audition for that」(オーディションを受けてみたら?!)
と、冗談ですが、友達に言われ
「No way!!!!!!!」(爆笑)(とんでもない!!!!!!!)

さて、Tokyo String Quartet のこのCD。
全員が、{Niccolò Paganini}と名付けられたストラドを演奏しているらしい。
さすが、、、輝く美しい4本の弦楽器の響きがうまくブレンドしている。
ここだけの話、実はJuilliard String Quartetは私のfavorite ではない、、
(ジュリアードでコーチングも受けていたのですけど)
というのは、
ファーストバイオリン(メロディ)+伴奏
のように聴こえる事が多い。
Tokyo String Quartetの演奏は
弦楽四重奏として、素晴らしい、といつも関心します。
ファーストバイオリンやチェロが多くメロディを持つのですが
それをうまく引き立てつつも、4つの声部が一つのヴォイスを
醸し出している。それが、メンバーが入れ替わっても変わらずに
カルテットとしての音が聴こえてくる所が素晴らしいな、
といつも感じます。

いい音楽を聴くと、すぐに自分でも弾きたくなってしまう、、
最近の私の印象はどうやら「ユニークバイオリン」
ということで、皆、変わった面白い事を一緒にやりたいらしい。
でも・・・
私も、まだまだこういうtraditionalなクラシックも
演奏していきたいんですけどね、、、。
[PR]
by machipin | 2008-05-23 01:54 | 今日の一枚

コンサート報告2

さて、ばたばた生活も最高潮に達した先週末。
JUSTADUO のリンカンセンターでのコンサートの前日、
チェルシー のロフトでイベントがあり
私のIndia Indigogoという作品にあるダンサーが振り付けをして
コラボレートして発表する機会がありました。
この企画、ニューヨークらしく、スタイルの壁を超えた何組かの
ミュージシャンとダンサーが集まり、それぞれの作品を発表する、
というもの。
ここだけの話、、、私は次の日にJUSTADUOのリサイタルを
控えていたのでノリ気ではなかったのですが
行ってみたら!なんと面白いこと。
「だからニューヨークにいるんだよねぇ」
と実感。

トップバッターはKrussiaというMC/Beatboxerで彼のマイク一本での
音楽で開始。
これが、すごかった。
world level。
すごいエネルギーを放ち、お客は始めからすごい盛り上がり。
彼の「Go!」というかけ声と共に私がイスから立ち上がり
歩きながら演奏を開始するはずが、鳴り止まぬ歓声と拍手、、、
彼への賞賛の拍手をさえぎるのは惜しかったが、何せ立ってしまったから
始めなくては、、、とIndia Indigogoの演奏開始。
前のエネルギーをモロに受けて演奏したので、この一曲でヘトヘトに
なってしまった。でも、これもお客に相当受けてヒューヒューと
ノリのいいNYの観客。うれしかった。

さて、その後もビール片手にイベントに残っていたかったが
何せ次の日は待ちに待ったJUSTADUOのリンカンセンターリサイタル。
後ろ髪を引かれながらも家路へ。

夜中に準備、プログラム制作。睡眠も十分に取れぬまま
朝になってしまい、いそいで会場へ。
この日のコンサートはマチネなので、早い。。。
朝の苦手な私としては、マチネはキツいのです。
JUSTADUOのコンサートで何が大変かというと、
それは楽器の数の多さ。
セッティングに追われてリハもままならないうちに
なんと開演時間30分前に。
プログラムのコピーもしなくてはならず
とにかく慌てて最後の準備へ。
と、ちらほらお客も見え始め、あわてふためく
私とジャスティン。

なんとか準備を終え、コンサート開始。
GPがしっかり出来なかったので、音響がいまいち把握できて
いなかったのですが、演奏しはじめたらなかなか弾きやすい。
「さっすがリンカンセンター」なんて思ってしまった。

私の新曲Ocean~Mazatlan~は新しい試みも入れて
照明の効果もあり大成功!
「もっと新曲を作るぞ」という励みへ。
このOceanシリーズは、常に私の地元「鎌倉」の海への
想いを曲にしたもの。この曲は遠いメキシコのマサトラン
の海岸で作ったもの。

あまりの忙しさとめまぐるしさからか
コンサート終了と同時にすごい頭痛にみまわれてしまいました。
どうやらジャスティンも同じ運命をたどったようです。

JUSTADUOコンサートの運営
もっと楽に出来る日が来る事を夢見て・・・


c0156142_1158285.jpg

チェルシーロフトにて

c0156142_11583251.jpg

コンサート終了後。笑っているけど・・・
[PR]
by machipin | 2008-05-18 12:10 | コンサート

コンサート報告

c0156142_2343491.jpg


日々、慌ただしく時が過ぎていきます。
そんな中、5/5(cinco de mayo=メキシコではお祭りの日です)上の美しい
シャンデリアが飾られるSteinway Hallで久々にクラシックの室内楽コンサート
に出演しました。
ここは、57丁目、カーネギーホールの斜め向かいにあるSteinwayの
ピアノショップ。こんなに素敵なホールがあるのに、営利目的のコンサートは
出来ないんですが、ピアノを買った、とかそういう関係者を通じて
よくフリーのコンサートが行われています。
今回は、Juilliard時代の同級生が、毎年行っているコンサートに
参加しました。
コダイのチェロとバイオリンの為のデュオと、ラフマニノフのピアノトリオ、
そしてバッハを弾きました。
このホール、天井がドーム状になっていて素敵な天井画が描いてある
夢のような空間。音響も非常に良くて、気持ちよく演奏できました。
ピアノショップなので、ここだけの話ですが、実はピアノの音には
too much な音響で、響きすぎるんですけど・・・弦には最高でした。
コダイのデュオは、現代的ながら、ブタペストの情緒溢れる曲で
また演奏したいです。

さて明日はJUSTADUO@Lincoln Center。楽しく演奏できたらいいな。
[PR]
by machipin | 2008-05-10 23:58 | コンサート
毎年、この時期はどういうわけか、めまぐるしく忙しくなってしまうのは
何故か。。。?
今年も例外ではなく、毎日「今日は何だったか???」と緊張して起きる訳ですが、
歳のせい?疲れも最高潮に溜まって、抜けない・・・(汗)
寝る前は、身体を暖めてリラックスするために、暖かいお茶と「極楽風呂」にでも
入って寝よう!と思いつつ、毎日そんな時間がないまま居間のカウチでうたた寝を
して寒くて起きる、、、という始末。

さて、そんなバタバタの中、JUSTADUOのリサイタルがあります。
今月は沢山のコンサートに出演しますが、もちろん一押しはこれです。
今回は新曲も含め、リンカンセンターでの初JUSTADUOリサイタルということで
普段はJustinが持ち運ぶ事が出来ない、大きな楽器、ドラムセットやコンガ等も
入れてよりバラエティのある選曲をしています。普段はなかなか聴けない
Vertical VoyageやCadenzaなども演奏する予定。
また、私のタップももちろんあります!今回は特別に以前ニューヨークタイムスでも
紹介された、私のアレンジのピアソラのPrimavera Portena/Tap Dance Violinソロも演奏します。

NYのミュージシャン達は、滅茶苦茶に忙しい時期、、、ということで
私もJustin も例外ではなく、日々飛び回っているせいか、
コンサートのPromotionがいまいち・・・
ということで、チケットが、まだまだ一杯あります!
母の日の午後、是非是非JUSTADUOの音楽を聴いて楽しく過ごしませんか?!



c0156142_0361210.jpg

[PR]
by machipin | 2008-05-05 00:40 | コンサート