ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

念願のフラメンコ!

NY もすっかりと春らしくなってきました。
まだまだ気は抜けませんが(4月に雪が降ることもあるので!)
明るく暖かい日は、とても気分がいいです。

さて、昨日は長年ずっとやってみたかった
フラメンコのクラスを受けてきました!

それはそれは、随分と昔、芸大時代に
タップダンスか、フラメンコをやりたくて
どっちにしようか迷っていました
芸大フラメンコ部は派手でケバケバな感じの
グループに見えたので、ちょっと面食らって
入るのをやめてしまいました。
タップダンスのフリークラスを
見つけていったところ、すっかりハマったので
フラメンコをやる機会はすっかり逃していました。

先日ニュージャージーでオーケストラの仕事がありました。
そのコンサートは、なんと ファリャのシンフォニーの曲と
フラメンコを組み合わせて演奏/ダンスのパフォーマンスでした。
その時のフラメンコダンサーの女性があまりにも素敵で
「絶対やりたい!!!!!!!!!!」と
昔の情熱がよみがえってきました

ということで、ここはニューヨーク。
安くて本場の良いダンサーの先生のクラスが
気軽に、しかも簡単に受けられる素晴らしい街ですから
why not
行ってきました!

バン、バン、とスタンプで床を鳴らす音が教室に響き渡り
スカっと気分を晴らしてくれます
まるでスペインの青空が見えるようです
のどかなギターの調べもなかなかエクセントリックです

ただ

私はタップが出来るので、どうしても比べてしまうと
ステップはタップより単純で音楽的面白さには欠けます
その分、手の動きや顔の表情、体全体の動きで情熱を醸し出すもの
でしょうけど、一回のレッスンではなかなか、、、、

女性の発情の踊り、といわれるフラメンコ
もうちょっと上手になりたいナ!

次回企画はタップバイオリンのみならず
フラメンコバイオリン?!
[PR]
by machipin | 2008-03-17 09:13 | 一般