ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アップしました

先日のデトロイト、ロックンロールの模様アップしました!

http://www.youtube.com/watch?v=B9ieVhAmaqo

また、昨年の東京文化でのリサイタルのクリップもあります。

http://www.youtube.com/watch?v=Imt7Kwo4aoU

まだまだアップしていこうと思いますので時間のあるときに
観てください!(NEW iMac活用してます!!!)
[PR]
by machipin | 2008-02-29 17:57 | 音楽

OSCARS~ last night

c0156142_316683.jpg


私が先日感動した映画「La Vie En Rose」でEdith Piafを演じていた
フランス女優Marion Cotillardさんが、みごと主演女優賞を獲得しました。

さすが女優、、、きれいな人でした。
私は映画の中のピアフを演じる彼女しか知らなかった為
びっくり仰天。
顔も、歩き方も、しぐさも、、、すべて演技だったとは、、、
あそこまで別人になれるとは、本物の女優だ、と痛感。

映画を観て、伝説の歌手を熱演する彼女を観ていたので
「絶対取るわ!」と信じていましたが
実際に受賞した時には、私も我ごとのように感動してしまいました。

アカデミーアワードで、フランス語で演じたフランス人女優が
主演女優賞を取るのは、まれな事だと思います。
Marionさんの熱演もさることながら、 Edith Piaf という歌手が
世界中で愛され続けている証拠でもあると思います。

Edith Piaf の人生を描いた「LA VIE EN ROSE」
是非ご覧ください!
私はこの映画を観たあと、2−3日ボーっとしてしまいました。
[PR]
by machipin | 2008-02-26 03:28 | Movie/Books

i ライフ 再び

c0156142_1365780.jpg
c0156142_1372565.jpg
c0156142_1374771.jpg


手首故障から約1週間
毎日毎日痛いのでさすがに落ち込みましたが
やっと復活
今日より練習を開始しました

女優さんが、顔をひっぱたかれると
「顔だけはやめてっっ!」ってよく
ドラマやなんかで叫ぶじゃないですか。

それと同じ
「手はやめて!!」
てな状況だったわけですが
意味不明に起きただけに、怒りをぶつけるアテもなく、、

治ると快適です
荷物もひょい、と持てるし
お皿洗いも楽だし
ヴァイオリン以外に、
日常にどれだけ手首を使っているか実感しました

さて、そんな最中我が家には
オーダーしていたiMACが到着しました!!!
忘れもしない2002年暮れに購入した15インチ Power Bookも
もはや使っている人を見なくなりました
私のノートブックもドライブが壊れ、動きも鈍くなり
いつも「がんばれがんばれ!」と喝を入れていたのですが
どうやらもう来るときが来た、、、、ということで
買っちゃいました。

最近のマックはすごいです。びゅんびゅん速いし
なにせ安かった。
さて、ブログをはじめてすぐにiPod classic 160GBを
買ったことを書きましたが、実は、OSが新しすぎて
前のマックに対応せずに使えずにいたのです。

ということで、やっとやっとiPodも聴けるようになり
生活にカラーが出てきました。というのも
私の家はA trainの果て。地下鉄が長いのです。
お陰で今日はルンルンな気分で地下鉄に乗りました。
(ニューヨークの地下鉄は日本のように静かではありません!
気が狂った人がずっと窓に向かって怒鳴っていたり、、とか
いろんな騒音があるので、回避が必要です)

iMacは、はやく必要なソフトを入れて
エレキバイオリンをつなげて、音楽作りに励む予定

それより最近のiTunesを始め、iPhoto,iMovieなどなど
進化にびっくり!!

いやぁ、楽しみ楽しみ
しばらくこの席から離れられそうにありません

PS これでiPhoneを手に入れたら私のi生活は完璧です!!!!!

写真: 私のマック人生、最初は初代グリーンのiMac G3、
その後15インチPower Bookそして、iMac。この進化、ご覧あれ!
[PR]
by machipin | 2008-02-22 15:15 | 一般

手首ツイスト?

どうも数日前より右手首の筋が痛い
朝起きて、「アレレ?痛いんでないの?」と
思っていたが
こういう、なっては困る状況は
「気のせい?寝ぼけていて、痛みを感じるのカモ」
などと、打ち消して考えていた
金曜の夜にはライブもあったり
確かにある角度にいくと、弾きながらもピキンと痛みを
感じたが、興奮して演奏していると
気にする程ではなかった



昨日の朝くらいより、非常に痛み始め
本日、まだイタイ
とうとう日常の生活にまで支障が、、、、
何をするにも
イタタタタ
と叫ぶ始末である

あいにくも今週は月曜まで連休
その分火曜はみっちり仕事を入れてしまったので
病院へ行くのは水曜か
はぁ、このまま痛みと共にこの連休、何が出来るか?!

気づいた事:
右手首が使えないと、私の生活、多くの行為に不自由を感じます
1:カードのサイン:レストランでカードで払ったのでサインをすることに、(強烈サポーターをはめているので、指先に力が入らず、サインがひんまがった)
2:バイオリン:もちろん弾けません、いや、無理にだったらなんとか弾けますけど、、、
3:ベリーダンス:最近始めたベリーダンス。意外と手首をクネクネ動かすので、無理そう。(まぁ、鏡に写る私の姿はいつも、何故か「盆踊り」なんですけど、、、)
4:ジム:走るのはOK、でもステアマスター、筋肉トレーニングとかは駄目ですよねぇ
5:荷物持ち:バイオリン、カバン、ジムの大袋、買い物袋などなど。全てを左肩と左手で持つのはかなり不可能に近い

さて、「どこで、どうやって」手首をひねったのか?が疑問になってくる訳ですが
全く身に覚えがない
朝起きて、アレ?と思った訳ですから、、、、ということは?
夜寝ている間? しかないですよね
ということは?

う〜ん、思い当たる節が一つ、、、

最近寝る前にYoutubeを見る事がハヤリになっていまして(私のハヤリです)
ベッドの上の枕の上にマックを置いて、タイの涅槃像のようにして見てました。
普段は、寝落ちる前に、マックを机に戻し、改めて寝ます
ただ
ある朝、、、、
マックは開いたまま、枕の横にあるではありませんか!
あちゃ〜、「危ない危ない、寝ている間に蹴っ飛ばさなくてよかった」
などと思っていた訳ですが
問題は私の身にあったと思われます
タイの涅槃像だって、絶対<手首の危機>なはず。
(しかも、だいたい涅槃像さまの頭は重そうなので、なおさらです)

何せ、寝ている(もしくはウラウラと寝そうな)間の無意識の領域
何ともはっきりしませんが、それしか思い当たりません、、

寝る時は、集中して寝た方がよさそう
ですね。。。

まぁ、お陰で今週末は久々にゆっくりと休めそうです。
c0156142_3422975.jpg

写真:バンコクのワットポーの金ピカ涅槃像、2007年夏に行きました
[PR]
by machipin | 2008-02-18 03:46 | 健康

もりもと

気づいたら2月も半ば。。。
time flies

12月に日本からNYに戻って来てからブログを始めた訳ですが
今日初めて「食」というカテゴリを作りました。
こ〜んなに、食いしん坊なのに
(私よりも食いしん坊さんには、まだあまりお目にかかったことが無い!)
食べ物について書いた事が無かったなんて驚きです
NYでよっぽどひもじい生活をしている証拠?!

さて、先日、日本からのお客さまがあり
意外にも「NY半日ツアー」とでも言うべき楽しい休日を
過ごす事ができました。
普段「貧乏暇無し」で日々の生活に追われていると
決して起こらない(!)であろう、、、「イベント」

さてまずは、ロウアーイーストサイドに出来た
新しい美術館、その名も
NEW MUSEUM
へ行きました。日本人の建築家(Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa)
が建築したビルということで
ちょっと気になっていた所でした。
角砂糖を積み重ねたみたいな白いビルが
ロウアーイーストに際立っていました。

その後は、ニューヨークならではのクラシックコンサートを
紹介したいと思い、Brooklyn Bridgeのふもとにある
ボートがホールになっているBargemusicのコンサートへ。
マンハッタンロウアーのビル群とブリッジの景色が奇麗。
コンサートを聴いている間に夜景へと変わり美しかったです。
ここは、実は、私が「未来者」というテレ朝のドキュメンタリーに
出演した際に撮影した場所でもある!ということで
昔を思い出し、懐かしかった。。。
そこで、「私の夢」をテレビに向けて語ったわけで、、
10年近く経った今、「うん、近づいてる近づいてる」と
自分を励ましたのでした。

その後、行ったのが「もりもと」レストラン
ミートパッキングのちょっと上にあるエリア
ここの所、めっきりとイキなエリアになってしまいました。
近くには、高級中華料理「Buddakan」や、ファンシー日本食「まつり」
有名フレンチ「Pastis」などなど。
前にBuddakanに行った時にはトム・ハンクス見ました。
最近は、アップルストアまで出来て、まるで銀座。
一昔前は、タクシーで降り立ってもちょっと怖い感じだったのに、、
時代は変わるものです。

さて、「もりもと」。アイロンシェフ森本正治さんのお店。
内装は、なんと安藤忠雄さんの設計だそう。
さすが、モダンでシンプルでかつお洒落。
店内は広々としていて、なんと地下はバーにもなっていて
かなりアメリカ人向けです。全然日本料理屋の面影はありません。
創作日本料理、ということで、NOBUを想像して行きましたが
個人的にはNOBUより断然好きでした。NOBUのお寿司は
あんまり「美味すぃ〜い!」とまで思った事は無かったですけど
「もりもと」のお寿司は美味しかったぁ。
それより、おまかせ、の量がたっぷりで(これでもか、これでもか、
と出て来た!その上、最後は、ロブスターと肉が一緒に出て来た、
さすがアメリカ向け!!!私の巨大胃袋クンもたっぷりと満たされたのであります)
一言で言えば、日本で食べるフランス料理、といった感じです。
サイコウ

とにかく、ウエーター、ウエートレスが完全に若いイケメン系の
若者(もちろん現地人です、日本人は一人もいませんでした。グー!)。
「この人達、ちゃんとディッシュの説明できるのぉ〜?」なんて
心配しちゃいましたが、皆一生懸命覚えて説明してくれました。
まぁ、サービスはちょっと高級感があまり無かったですケド。。
でもそれがお店の狙いなのかもしれません。
今度は、地下のバーに飲みに行ってみたいですね。

でも、こういう超アメリカンな雰囲気でホンモノ日本の味を
食せる、貴重な場所「もりもと」。
オススメ!

c0156142_6565055.jpg

c0156142_6572027.jpg


写真1:ピンボケですが、Bargemusicからの眺め、美しい。未来者ドキュメンタリーでは、ここで夢を語っている所で番組が終わります。。
写真2:もりもとでの、一品目。トロトロ。いやぁ、アイデアだな、と思いました。タレが美味しかったです。
[PR]
by machipin | 2008-02-13 07:07 |

ホワイトデトロイト

行ってきましたーデトロイトー
モータ−とロックの街

デトロイトへ発つ前日に雪が降ったため
着いたら、街中真っ白
とても奇麗でした
別世界へやってきた、という気分も高まり
良い気分転換になりました。

さすがモーター(自動車)産業の中心
どこもかしこも
Fordのビルとか、テクニカルの工場などなど
さすがでした
そして、(これは実は知らなかったのですが)
ロックの発祥の地であるらしい
よってミュージックはかなりさかんな模様

そして
ダウンタウンに行くと
'Canada Bridge'というのがあり
河の向こうはカナダ!
距離的にはなんとマンハッタンから眺めるニュージャージー
こんな所で初めてカナダを拝めるなんて感激。

今回の旅は、NYベースのロックバンドWussyとの初共演
Wussyの音楽はかなりハードなパンクロックで
ノリがとてもいい
昔参加したことのある、Dazaというロックバンドは
ボーカルの人がCrashとかが好きだったので
かなりポップよりだった
私はそこでは、リードギター役をやっていた
今回は、全く違ったスタイルのロックで
よりヘビーでロックロックしていて
新しい発見が一杯のライブだった
う〜ん、今回の方が何百倍も楽しいゾ

かなりノリノリなライブになりました
ビデオ撮影したので、そのうちYoutubeにでも
アップできたらいいな、と思っています
とても、クラシックバイオリニスト、とは思えない感じです、、、

ロックバイオリニストになろうっかなぁ
なんて思ってしまいました

最終日は、なんと
1965年のFord Thunderbird に乗ってしまいました
ドラムのけんちゃんは、「自分と同じ歳!」と言ってはしゃいでいました
街で走っていると、皆の注目を集めていたようで
視線をヒシヒシと感じながらの走行
なんと貴重な体験

初めてのデトロイト
もちろんベストモーメントはライブでしたが
その他にも、アメリカの代表的な街の一つを
訪れる事が出来て有意義なひとときだったと思います。
また行きたいな

ロックバイオリンいいかも!

注) 写真1:Wussy ライブの模様、これに加わりました! 写真2:Wussyの皆とライブ終了後 写真3:河を隔てたカナダ(車の中より) 写真4: Ford Thunderbird!これに乗りました

c0156142_12204941.jpgc0156142_12213497.jpgc0156142_1222752.jpgc0156142_12223057.jpg
[PR]
by machipin | 2008-02-07 12:26 | コンサート