ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:食( 2 )

お茶

ニューヨークの自宅アパートでゆったりと
好きな音楽を流しながら過ごす時が
一番優雅だな、、と感じます。

そして、お茶。

美味しいお茶を、大好きなポットに入れて
その日の気分のカップを選んで飲むと
それは、それは、たまらなく至極の時を
味わう事ができます。

お茶の種類は、何でもよくて、
それは、日本茶でも、ほうじ茶でも
中国茶でも、ジャスミンティーでも
お紅茶でも。

私の大好きなお紅茶は、ロンドンにいる時に
愛飲していた、ハロッズティー。有名デパートHarrodsの
お茶です。さすがお紅茶の国イギリスです。
今でも、ロンドンに行くと必ず買いだめします。

残念ながら、今日はせっかく「美味しいお茶が飲みたい!」と
思ったのにハロッズティーは無くなっていて、カラのカンカンが
ころがっていました。

ということで、本日はフランスFAUCHONのピーチティー。
c0156142_5374663.jpg





う〜ン、美味しい。
やはり、贅沢な時です。

現代生活、家にいても、なかなかこういう贅沢な時間を作り出せないのが
残念です。

イギリスでは、朝の10時と昼の2時と2回もお茶の時間があるんですよね。
これって、心にゆとりを持たせる為に、とってもいいことだな、、と
ニューヨークにいるからこそ、感じてしまうのでしょうか?
[PR]
by machipin | 2010-10-12 05:43 |

もりもと

気づいたら2月も半ば。。。
time flies

12月に日本からNYに戻って来てからブログを始めた訳ですが
今日初めて「食」というカテゴリを作りました。
こ〜んなに、食いしん坊なのに
(私よりも食いしん坊さんには、まだあまりお目にかかったことが無い!)
食べ物について書いた事が無かったなんて驚きです
NYでよっぽどひもじい生活をしている証拠?!

さて、先日、日本からのお客さまがあり
意外にも「NY半日ツアー」とでも言うべき楽しい休日を
過ごす事ができました。
普段「貧乏暇無し」で日々の生活に追われていると
決して起こらない(!)であろう、、、「イベント」

さてまずは、ロウアーイーストサイドに出来た
新しい美術館、その名も
NEW MUSEUM
へ行きました。日本人の建築家(Kazuyo Sejima + Ryue Nishizawa)
が建築したビルということで
ちょっと気になっていた所でした。
角砂糖を積み重ねたみたいな白いビルが
ロウアーイーストに際立っていました。

その後は、ニューヨークならではのクラシックコンサートを
紹介したいと思い、Brooklyn Bridgeのふもとにある
ボートがホールになっているBargemusicのコンサートへ。
マンハッタンロウアーのビル群とブリッジの景色が奇麗。
コンサートを聴いている間に夜景へと変わり美しかったです。
ここは、実は、私が「未来者」というテレ朝のドキュメンタリーに
出演した際に撮影した場所でもある!ということで
昔を思い出し、懐かしかった。。。
そこで、「私の夢」をテレビに向けて語ったわけで、、
10年近く経った今、「うん、近づいてる近づいてる」と
自分を励ましたのでした。

その後、行ったのが「もりもと」レストラン
ミートパッキングのちょっと上にあるエリア
ここの所、めっきりとイキなエリアになってしまいました。
近くには、高級中華料理「Buddakan」や、ファンシー日本食「まつり」
有名フレンチ「Pastis」などなど。
前にBuddakanに行った時にはトム・ハンクス見ました。
最近は、アップルストアまで出来て、まるで銀座。
一昔前は、タクシーで降り立ってもちょっと怖い感じだったのに、、
時代は変わるものです。

さて、「もりもと」。アイロンシェフ森本正治さんのお店。
内装は、なんと安藤忠雄さんの設計だそう。
さすが、モダンでシンプルでかつお洒落。
店内は広々としていて、なんと地下はバーにもなっていて
かなりアメリカ人向けです。全然日本料理屋の面影はありません。
創作日本料理、ということで、NOBUを想像して行きましたが
個人的にはNOBUより断然好きでした。NOBUのお寿司は
あんまり「美味すぃ〜い!」とまで思った事は無かったですけど
「もりもと」のお寿司は美味しかったぁ。
それより、おまかせ、の量がたっぷりで(これでもか、これでもか、
と出て来た!その上、最後は、ロブスターと肉が一緒に出て来た、
さすがアメリカ向け!!!私の巨大胃袋クンもたっぷりと満たされたのであります)
一言で言えば、日本で食べるフランス料理、といった感じです。
サイコウ

とにかく、ウエーター、ウエートレスが完全に若いイケメン系の
若者(もちろん現地人です、日本人は一人もいませんでした。グー!)。
「この人達、ちゃんとディッシュの説明できるのぉ〜?」なんて
心配しちゃいましたが、皆一生懸命覚えて説明してくれました。
まぁ、サービスはちょっと高級感があまり無かったですケド。。
でもそれがお店の狙いなのかもしれません。
今度は、地下のバーに飲みに行ってみたいですね。

でも、こういう超アメリカンな雰囲気でホンモノ日本の味を
食せる、貴重な場所「もりもと」。
オススメ!

c0156142_6565055.jpg

c0156142_6572027.jpg


写真1:ピンボケですが、Bargemusicからの眺め、美しい。未来者ドキュメンタリーでは、ここで夢を語っている所で番組が終わります。。
写真2:もりもとでの、一品目。トロトロ。いやぁ、アイデアだな、と思いました。タレが美味しかったです。
[PR]
by machipin | 2008-02-13 07:07 |