ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:音楽( 14 )

日本の残暑は厳しいですネ・・フゥ
8月は、誕生日あり、お盆あり、オクタービオの命日あり、と
イベント多し、気分的に忙しい月です。
今年は、それにも増して、
急遽マレーシアでコンサートマスターのお仕事入り、
なんと!行ってきました!
人生初、マレーシア上陸。
母に、暑いよ〜暑いよ〜と言われ、どんなに暑いかと。
確かに、一年中、日中34−5度の常夏であるマレーシア。
空港から、ヤシの木が生えまくって、まさに南国。
でも、最近の熱帯ジャパンの方が湿気が多くて
暑くて苦しいような・・・?!
さて、マレーシアのオーケストラ。
皆、ほぼ全員私よりはるかに若い。
エネルギーに満ちている。
しかも、マレーシアの人、皆超〜いい人ばかり。
まだまだこれから発展、という熱気に満ちていて
なんか懐かしい雰囲気。
リハーサルの途中に私の大好きなTea TIme(お茶休憩)があり
Dinner (夜ご飯)があり、皆でワイワイ
お茶やご飯を囲んでお話ししたり。和気藹々とした雰囲気。
なんか、昔のサマーキャンプみたいな感じで
非常に楽しかったです。
ただ、毎日午後2時から10時まで8時間もリハーサルがあるのには
参った!!!
久々に、何時間も練習しました・・・!腕イタッ
c0156142_23302247.jpg
リハーサルの甲斐あって、コンサートは2つとも大成功。
ベートーベンと真剣勝負で向き合った2週間は、あっという間に
過ぎました。
リハーサルではわからなかった、ベートーベンの偉大さ。
コンサートで、演奏して、新たに気づいたベートーベンの
素晴らしさ。
コンサートで演奏して、自ら演奏していながらも
終演後、新たな発見と同時に、感激、感動する、という素晴らしい体験をしました。
特に、ベートーベンのミサ・ソレムニス。
なかなか演奏されることのない、この大曲。
一つの楽章全部がコンサートマスターのソロありの曲。
譜読みを始めた時は、どうやってこのエベレストを登るのか?!と
思ったけれど、だんだんと謎が解け、そして、合唱が加わり、ソリストの歌が加わり、
徐々に曲が完成して行く、なんとも言えない喜び。
今では大好きなレパートリーの一つとなりました。
c0156142_23303014.jpg
若いエネルギーのファーストバイオリン。情熱の指揮者、イレイン・パオ。シンガポールのアルト・アナ。そしてクアラルンプールの夜景!

追伸)南国フルーツのキングであるドリアン食べました・・・二度とトライしたくないです・・
c0156142_23301621.jpg

[PR]
by machipin | 2017-08-28 23:41 | 音楽
FUNDED! と出ています。
1ヶ月のキックスタータービデオキャンペーンの旅が大成功に終わりました!
199人もの人がサポートしてくださいました。
143%ものファンドを募ることができて感無量で涙が止まりません。
Backerが増える度にドキドキ興奮の1ヶ月でした。
世界の各国から199人ものサポーターがこの私のファーストソロアルバム制作に賛同してサポートしてくれたことに感謝感激です。
さぁ、いいアルバムを仕上げるぞ!というエネルギーに満ちて新年を迎えます。

サポートしてくださったファンの皆様、本当に本当にありがとうございました!!!
皆様、良いお年をお迎えください!

ニューヨークにて、タンゴの音楽を聴きながら。
小澤真智子
[PR]
by machipin | 2016-12-31 13:46 | 音楽
やっと、やっと、やっと!!! ラウンチしました!

キックスタータービデオキャンペーン
c0156142_19552582.png



↓サイトはこちら
https://www.kickstarter.com/projects/670428731/violinist-machiko-ozawa-records-her-first-solo-alb

↓日本語訳ページ作りました。サイトはこちら
https://machiko-ozawa.squarespace.com/kickestarter-?p



これは、アメリカや世界各国でポピュラーなクラウド・ファンディングサイト。
アーチストや、クリエイティブな物を作った人や、映画、ファッション、アート等、それこそ
色々な分野にわたってクリエイティブな人たちがファンド・レイジングを
し、それぞれのプロジェクトを実現させることの出来るサイトです。

私も、さかのぼれば、2012年、 Importango(ブルックリンベースの
タンゴトリオ)でこのキャンペーンをして見事成功。アルバム「Tango For Import」
の制作をしました。

↓その時のサイトはこちら
https://www.kickstarter.com/projects/adamtully/importango-records-a-new-album

が、しかし、、、
このアルバム制作中に、
あともう少しで完成というところで
オクタービオが天国に旅立ってしまいました。
残された、アダム(ギタリスト)と私は、とてもとても辛い思いの中でアルバムを仕上げました。


ということで、
自分自身の中では、このビデオ・キャンペーンを実行する、ということは
とても勇気のいることでした。

でも、ニューアルバム制作というのは
ミュージシャンにとって、とても大事。
新しい一歩を踏み出すのに
かかせない。

だから、やはり
キックスターターキャンペーン→アルバム制作
この構図は決まり。

ということで、レコーディングに並行して
このキャンペーンの為のビデオ・プロジェクトも実施。
同時に、4曲のミュージックビデオも撮影しました。
(特典の中にはいってマス!)

c0156142_19533019.jpg



これは、実は2016年の年明け
やっとやっと
元気がちょっと出て来た時から
少〜しずつ温めて来たプロジェクト

ついに、ついに、ついに!です。

こういうキャンペーンをするのって
やはり、元気と勇気がないとだめ。

そう、元気はあります!勇気も出て来た!

頑張ります!!

PS キャンペーン参加の仕方は、日本語訳ページに書いてあります!

↓日本語訳ページはココ
https://machiko-ozawa.squarespace.com/kickestarter-?p
[PR]
by machipin | 2016-11-24 20:04 | 音楽
鎌倉ダフネで久々に演奏しました!
芸大の同期、徳永洋明さんをピアニストに迎えてのタンゴナイト。
前回、前々回は、アーバン・タンゴ・トリオでオクタービオと
出演したので、ちょっと思い出して、最後はまた
涙が・・・
今年に入って、やっと舞台で泣かなくなったのだけれど・・・
でも、鎌倉のオーディエンスはいつも暖かく迎えてくれて、
いつも特別です。
沢山の方にお越しいただいて感謝感謝!
とても楽しい夜になりました。

そして

いよいよニューアルバムのキャンペーンを開始します!!
キャンペーンビデオができました!

c0156142_14494441.jpg


乞うご期待です!!
ぜひ、日本の皆様にもキャンペーンに参加して、アルバムを
プレオーダーしていただきたいと思います!!!

詳細は追ってお知らせします。
Keep tuned!!
[PR]
by machipin | 2016-11-19 14:52 | 音楽

終わった!

昨年9月より、ブルックリンのパブリックスクールで
バイオリンティーチャーとして子供達を教える事10ヶ月。
私は、日本人だし、育ったのも日本。そして、学校は
ブルックリンの奥地で子供達は皆、肌の色もカルチャーも
まるで違う。。そのうえ、20人、30人と多人数、、
ということで最初は不安だったものの
すっかりなじみ、バイオリンを触った事もなかった子供達が
キラキラ星を弾けるようになりました。

感激。。。

今日は、最後のパフォーマンスで演奏して
校長先生初め、私の属するNoel Pointer Foundationの
人も大喜び。

今シーズンは、先生業とパフォーマンス業の両立の
切り替えが難しく(マインドが全然違うので)
心身すり減った、、、という感じですが
子供達のエネルギーを貰えた、というのも事実。

でも、学校がなくなると思うと
今後数ヶ月が楽しみでならない、というのも事実。
夏の間は、思いっきりアーティスティックに生きたいと思う。

私のお気に入りの生徒、シャウナちゃんの写真。とってもカワイイ。



c0156142_0445324.jpg

[PR]
by machipin | 2010-06-17 00:46 | 音楽

OTTAVA animato

TBSインターネットラジオOTTAVA animato
にて、DJゲレン大嶋さんが、コンサート告知と共に
私のCD「La Pasion」より2曲ほど紹介してくれています。

http://blog.ottava.jp/ottava_animato/

10/21(水)のanimatoのオンデマンドで
放送開始から3時間24分後くらいから紹介しています。

(1週間以内以下のウェブサイトで聴けます)

http://ottava.jp/

OTTAVAは、クラシック専門のインターネットラジオです。
インターネットを通して、世界のどこでも聴く事ができる
まさに今の時代にピッタリのラジオ番組です。
私にとっては、東京/赤坂から発信される音楽やお話が
世界のどこにいても聴け、東京の雰囲気を味わう事が出来、
大変重宝しています。

お時間のある時に是非♪
[PR]
by machipin | 2009-10-22 06:37 | 音楽

ハイフェッツ様

c0156142_19481940.jpg
c0156142_19483434.jpg
c0156142_1948481.jpg


香港島にそびえたつ高層ビルの窓から
すぐ向こう岸である九龍のビル郡、そしてその間に
流れる海
とぎれることなく行きかうフェリー
フェリーが作り出す三角形の波しぶきが
なんとも情緒溢れる気分をかりたてる
真下に眼を移すと幾重にも重なるハイウェイの上を
24時間止むことなく走り行くタクシー
目の前には金ピカピカの高層ビル
まるで現代版金閣寺のよう

そんな光景を目前に
香港のとあるホテルで毎日ツィゴイネルワイゼンとの
闘いである

ヴァイオリンニストの代名詞のようなこの有名な楽曲
この秋の一連のコンサートにプログラミングした。

びっくりすることに今までやったことがなく
今回初挑戦。

とっかえひっかえCDを聴きながら研究である。

そこで
ハイフェッツ様。

なんと素晴らしいヴァイオリンニストだったのだろう
と鳥肌が立つ

昔の録音なので音源は古いが
演奏はピカ一である

誰にもまねることの出来ない歯切れの良い
テクニック
それに裏打ちされた情熱がひとつひとつの
音からこちらの胸に一直線にうったえかける

なんとなく出てしまった音ではなく
ひとつひとつの音が
こうでなくていけないんだ
という強い意志を感じる

うーん、先は長い・・・
でもがんばるぞ!!
目指す山は高いのだ!!!
[PR]
by machipin | 2008-09-09 18:38 | 音楽

レコーディング終了

Brooklyn の奥地にあるSystems Twoというスタジオで
タンゴ/ピアソラのレコーディングをしました。
スタジオは結構広々としていて息が詰まる感じが
しないので、気持ちよく弾けました。
ただ、私のCDは大抵ライブ感覚で録るので、
やはりホール録音の方がやりやすいですね。。。

昨日の私の立ち位置は、なんとピアノの裏。。
バイオリンのマイクにピアノの音が混じらないように
なんですが、なんとも奇妙な位置で(普段は
ピアノの前方に立って弾きます)
ちょっと弾きにくかった。
でも、ベースが入ったものもあったし
ピアノデュオでも段々慣れてなんとか終了。
ピアノのOctavioもベースのPedroもアルゼンチン出身の
タンゴマン達ですから、とても助けられました。

c0156142_1116596.jpg


仕上がりが楽しみです。

このピアソラ/タンゴは私がずーっと暖めてきた
プロジェクトなので、ちゃんとスタジオ録音が出来て
感無量でした。

う〜ん、もっとバジェット欲しい〜〜
もっとゆっくりじっくり録りたい!
と思う気持ちもありますが、今回はこの状況で
なかなか良いものが録れたのではないか、
と思います。

自分のアルバムレコーディングは
JUSTADUOのVertical Voyage 以来ですから
久々に
何とも言えないレコーディングのスリリングと
緊張感を味わえて、「コレだよ!」と思いました。
keep doing !!
やり続けてこそ、力になります。

このCDも、今後につながりますように!!
[PR]
by machipin | 2008-08-18 11:23 | 音楽

グリーク

のヴァイオリンソナタはじめました。
今年の秋の一連のリサイタルに入れる曲です。

今日は、ピアニストと初合わせ。
ジュリアードの時のお友達で、前回合わせたのは
なんと8年前!アスペンにて。

最近は、結構「タンゴな日々」なので
こういう超クラシックなピアノ合わせは
本当に久々だったのですが
楽しくて楽しくて。
このグリークはとても情熱的な曲で
合わせが終わった時はちょっと腰が痛かった・・・

なんかこういう合わせをやると
音程悪〜いし、音のサステインも甘いし、
全然ダメ〜、って思いますけど
コレ大切な事です。

とにかく、時間をかけて練習。
これしかないです。
がんばろ。
[PR]
by machipin | 2008-08-13 11:55 | 音楽

Brahms Horn Trio

おお!なんと美しい曲。
私の大好きな曲。
いつ聴いても胸に響きます。
ホルンの伸びやかな透き通るような音の合間を
ヴァイオリンとピアノが縫うように
そして完璧なマッチで4つの楽章が
ぐんぐんと進んで行きます

その昔、NYに来て1年目にタングルウッドの音楽祭に
フェローシップの生徒として選ばれ参加した夏

とにかくタングルウッドの夏は多忙
その多忙な夏の幕開けの室内楽がこのトリオでした
素晴らしい共演者に恵まれてOZAWA HALLのコンサートにも
トリで演奏しました。
Emanuel AxやPeter Serkin のコーチングを受け
素晴らしい演奏家である彼らに接する事が出来た
私にとっては思い出の曲でもあります

さて、家にはケーブルテレビが無いので
普段ボーっとしている時や雑用時にはいつも
WQXR-FMというNEW YORKのクラシック音楽の
ラジオにチャンネルを合わせています
普段はコンサート情報やメトのオペラの中継なども
かかり、とても便利です。

今日はつけたら、このブラームスのホルントリオ。
丁度この時期、10年以上も前ですが
期待に胸を膨らませて行ったタングルウッドの事が
若葉と雨の匂いとともに
昨日の事のようによみがえってきました。

う〜〜〜ん、しかし素敵な曲!
また演奏したいっっ
[PR]
by machipin | 2008-06-27 12:58 | 音楽