ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2017年 08月 28日 ( 1 )

日本の残暑は厳しいですネ・・フゥ
8月は、誕生日あり、お盆あり、オクタービオの命日あり、と
イベント多し、気分的に忙しい月です。
今年は、それにも増して、
急遽マレーシアでコンサートマスターのお仕事入り、
なんと!行ってきました!
人生初、マレーシア上陸。
母に、暑いよ〜暑いよ〜と言われ、どんなに暑いかと。
確かに、一年中、日中34−5度の常夏であるマレーシア。
空港から、ヤシの木が生えまくって、まさに南国。
でも、最近の熱帯ジャパンの方が湿気が多くて
暑くて苦しいような・・・?!
さて、マレーシアのオーケストラ。
皆、ほぼ全員私よりはるかに若い。
エネルギーに満ちている。
しかも、マレーシアの人、皆超〜いい人ばかり。
まだまだこれから発展、という熱気に満ちていて
なんか懐かしい雰囲気。
リハーサルの途中に私の大好きなTea TIme(お茶休憩)があり
Dinner (夜ご飯)があり、皆でワイワイ
お茶やご飯を囲んでお話ししたり。和気藹々とした雰囲気。
なんか、昔のサマーキャンプみたいな感じで
非常に楽しかったです。
ただ、毎日午後2時から10時まで8時間もリハーサルがあるのには
参った!!!
久々に、何時間も練習しました・・・!腕イタッ
c0156142_23302247.jpg
リハーサルの甲斐あって、コンサートは2つとも大成功。
ベートーベンと真剣勝負で向き合った2週間は、あっという間に
過ぎました。
リハーサルではわからなかった、ベートーベンの偉大さ。
コンサートで、演奏して、新たに気づいたベートーベンの
素晴らしさ。
コンサートで演奏して、自ら演奏していながらも
終演後、新たな発見と同時に、感激、感動する、という素晴らしい体験をしました。
特に、ベートーベンのミサ・ソレムニス。
なかなか演奏されることのない、この大曲。
一つの楽章全部がコンサートマスターのソロありの曲。
譜読みを始めた時は、どうやってこのエベレストを登るのか?!と
思ったけれど、だんだんと謎が解け、そして、合唱が加わり、ソリストの歌が加わり、
徐々に曲が完成して行く、なんとも言えない喜び。
今では大好きなレパートリーの一つとなりました。
c0156142_23303014.jpg
若いエネルギーのファーストバイオリン。情熱の指揮者、イレイン・パオ。シンガポールのアルト・アナ。そしてクアラルンプールの夜景!

追伸)南国フルーツのキングであるドリアン食べました・・・二度とトライしたくないです・・
c0156142_23301621.jpg

[PR]
by machipin | 2017-08-28 23:41 | 音楽