ニューヨーク発ヴァイオリニスト小澤真智子の旅とチャレンジの日々 - www.machikoozawa.com


by 小澤真智子
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旅するヴァイオリンの危機?!

アルゼンチンからNYにもどって3週間
目まぐるしく忙しくて
人生最大級クラスに身体を駆使しました
その結果
身体はガチガチ、手もしゅぼしゅぼに
(ダンボールを扱うと手先は非常にドライに痛くなります)
なりながらのパッキングやら何やらで
今回ばかりは、元気印の私でも
何度かクラクラと気が遠くなる瞬間がありました

それでも
引越当日にタンゴのミロンガのギグを入れたり
帰国前々日の楽器屋のサロンコンサートホールでの
リサイタルを入れたりと
強行突破ぶりは相変わらずで
溜まった疲れはさっぱり抜けて行きません

引越当日のギグは、なんとストーレッジで
着替えをしてミロンガに向かった程。。。。
10/31、大好きなハロウィーンのお祭りの日でしたが
さすがに、コスチュームやパーティの人々には
少しも興味が湧きませんでした。

はぁ、私も歳をとったものだなぁ、と思った瞬間です。

さて、7日にはGradoux-Matt Rare Violinという
ヴァイオリンショップでのリサイタルを
何とか済ませ
(というか、素晴らしいコンサートになったのですが
そんなことに感激したりしている時間が、今の私の
この時の流れ的に全然なかった)
さて、身体がガチガチで地下鉄の階段すら
のぼるのに支障を覚える事に気づきました。
ということで、14時間のフライトに備えて
マッサージにいったら、
なんと、マッサージが終わり、ベットから起き上がろうとしたら
ピッキン、と電光が腰の辺りを走り
歩けなくなってしまいました。
その後、さすってもらうこと夜中の12時頃まで。。。
なんとか立てるようになり帰って来て
パッキング、2時間寝て空港へ。

そして、空港での悲劇が、、、、。。。
さて、チェックイン
腰はまだズキズキと痛みます
そんな時になんで。。。という悲劇
私のバイオリンがオーバーサイズだ、と
(問題1)
その次に、預けたスーツケースのうち一つが
重量オーバー
(問題2)
そして、手荷物のケースがまたまた重量オーバー
(問題3)
ということで、マネージャーが現れ
話す事30分程。。。。
後ろになが〜くつながっていた列はいつのまにか
誰もいなくなっていました。

今まで18年近くにわたりヴァイオリンと共に飛んでいますが
チェックイン時にこのような問題になったのは
はじめて。
特にバイオリンに関しては、定められている手荷物の
大きさは超えているものの、(長さが長い)、楽器、ということで
許されていました。このように問題にされたのは初めて。
チェロの人は、ハードケースに入れてチェックインしたり
子供用座席シートを買ったりしますが、バイオリンの人が
そのようなことをしたのを聞いた事がありません。

で、今日は、フライトが満席でないし、
私が良く飛んでいるようだし、このまま飛ばせてあげるけど
今後は気をつけるように。と。
気をつける?って何をどうやって?
私はバイオリニストで旅をしているので、バイオリン無しで
飛ぶ事はないんですけど。。?と思い
逆に質問、じゃぁ、私のようなバイオリニストはどのように
したら飛行機に乗れるんでしょう?
答えは、どうやら、最近の航空規制が厳しいので
満席だったりしたら断られる可能性もあるから、座席をバイオリン用に
買え、というのです。
でも、そんな話、きいたことない!!!
私用のチケットだって、苦労して買って乗っているのに!
これは、旅するヴァイオリン大危機!!!!!!と思ったのでした。

話すことが大事なアメリカ
30以上にわたってマネジャーさんと話したお陰で
向こうも、私の苦悩をわかってくれ、最後には逆に超親切になり
プライオリティーで、ファーストクラスやビジネスよりも先に
搭乗させてくれ、じっくりバイオリンを収納する場所を確保することが
出来ました。
そのうえ、最初は$25重量オーバーを払えとか言っていたのに
それもどこかに消え、私は何事も無かったか、のように搭乗ゲートに
向かったのでした。

それにしても、ヴァイオリンを抱えての空の旅はそう簡単ではありません。
アルゼンチンに行った時も、はやく搭乗してバイオリンの場所を確保しても
南米に行く人達は何せ、手荷物を一杯もって帰るようで、ギューギューに
私のバイオリンの上に平気で重そうな荷物を押し込んで行くんです。
そんな人達と、どれだけ闘ったか。。。。
ふぅ。

旅するヴァイオリンの危機、、、です。
どのように解決できるか、、、、不安。
[PR]
by machipin | 2008-11-11 12:51 | トラベル